情報セキュリティに関する啓蒙活動~学校・自治体と連携して実施~

活動の概要

この数年、情報セキュリティや個人情報保護に関するニュースが格段に増えました。2005 年4月に「個人情報保護法」が施行され、今後も情報セキュリティはより重要になっていきます。

そこで、「セキュリティは地域で守る」という共通点で、地域の学校教員、地域の企業人、地域の知識人が集まり、情報セキュリティを守るための組織、NPO法人 滋賀県情報基盤協議会(http://www.it-shiga.jp/)が 2005 年秋に設立されました。

多くの人々に「情報セキュリティ」について知ってもらうために、もっときめ細かい啓発活動の必要性を感じています。地域の人々に対し、情報基盤及び情報セキュリティに関する啓発、教育、情報提供を行い、高度情報通信社会の健全な発展と安全性の確保に寄与することを目的に活動しています。

各地域での「インターネット安全教室」の開催を通じて情報セキュリティへの意識を高めます。

活動の内容

NPO法人設立以前から、滋賀県警察ネットワークセキュリティ協助員として、不正アクセス事案の解析、警察職員への研修、滋賀県インターネットセキュリティ協議会での講演などを行ってきました。
また、1995年の夏から滋賀県内の高等学校の先生方や情報関係の企業の方々と、情報通信技術の勉強会AACU(Association of Advanced Computer Users)を開催してきました。その中の数人は、「コンピュータ犯罪に関する白浜シンポジウム」の立ち上げに関与し、これらの活動を通じて、多くの「情報セキュリティ」の関係者とコンタクトを持つようになっていきました。

この実績と多くの人々との連携をいかして、滋賀県に情報基盤および情報セキュリティに関するNPO法人を設立することになりました。

これまでの成果

2006年2月から独立行政法人情報処理推進機構(IPA)主催の全国各地で開催されている「インターネット安全教室」を、滋賀県では滋賀県情報基盤協議会が委託を受け、学校・自治体や警察と連携して実施しています。

パソコンや携帯電話を使って、誰でも手軽にインターネットに接続できるようになり、思わぬトラブルや犯罪に巻き込まれる危険性がますます高くなってきている今日、県民の人々に対し、インターネットを安全快適に活用するにはどうしたらよいか、被害にあったときにはどうすればよいかといった、情報セキュリティに関する基礎知識を学習できる場を提供しています。

今後の目標・課題

平成27(2015)年1月20日に、NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)より、インターネット安全教室を中心とする情報セキュリティ普及啓発活動を活発に実施することにより、広く一般社会のセキュリティ知識の向上に貢献したとして、JNSA特別賞を受賞しました。

多様な世代を対象に啓蒙活動に取り組んでいます。

【他団体・グループとの連携について】連携可

お問い合わせ

以下のフォームに必要事項を記入し「確認画面へ」ボタンを押してください。
※印は必須項目です。



※半角英数字で入力してください

※個人情報保護への取り組みについてはこちら をご覧ください。

PDF

活動団体情報

代表者
藤田 和弘
(理工学部教授)
専門分野:画像処理

連絡先
NPO法人滋賀県情報基盤協議会

主な連携メンバー
特定非営利活動法人 滋賀県情報基盤協議会、学校、自治体

活動開始時期
2005年10月

主な活動地域
滋賀県全域

プロジェクト型 プロジェクト一覧